読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LGBTsニート

NEET株式会社LGBTs事業部のブログです

そして敗血症に…

 昨日。ようやく出血も止まり、明日はやっと退院!と喜んでいたところ。
 夜になって頭痛が。大したことないかな?と思っていたところが、ひどくなるばかり。熱を計ってみたら、38度…。
 風邪でもひいたのか。これで退院延期だなぁ、やってしまった。
 と思ったのだけど、事態はそんなものではありませんでした。

 熱はガンガン上がり続け、激しい寒気で体はガクガク震えるわ。頭痛に加えて嘔吐。熱は40度まで上がりました。
 その苦痛の中で、原因を突き止めるための検査として採血。しかも2回も…。
 ロキソを飲んで、2回吐いて、トイレに行ったらある程度治まりました。
 大部屋だったんだけど、個室に移されました。

 それからはわりと落ち着いて、多少頭痛はあったものの、薬で治まって、熱も37度台に。
 検査の結果…敗血症と言われました。
 敗血症が何なんだか、よく知らなかったけど、菌に感染したということらしい。抗生剤を打つから、あと1週間は入院延長。
 菌がどこに入ったのか、尿か傷口か、それともどこか化膿していてその場所か。化膿の有無を調べるため、明日CTを撮るということ。
 まあこうなった以上、ちゃんと安静にして、きちんと治療を受けるしかない。

 それで、敗血症になったので、退院延期になる旨を、何人かに連絡したところ、その反応が深刻だった。
 そもそも敗血症って何か。ウィキぺディアで調べてみたら…なんかすごく深刻なこと書いてある!
 大丈夫なのこれ( ;∀;)
 とはいえ、昨日の最悪の一時期を除いて、とくにそこまでの不調は感じず。医者とかも、抗生剤を打てば大丈夫という感じで言ってるし、そこまで心配しないように連絡しておいた。

 とにかく、性別適合手術のあとは、他の手術と同様に、このような事態も起こりうるわけです…。
 そういうことも考え、問題が起こってもすぐに対応できる、対応してくれる、信頼できる病院で手術するのがいいと思います。
 僕は大学病院で手術したので、こういう処置も全部やってもらえました。
 クリニックなどでする場合、大病院と提携しているか、どこの病院と提携しているか、しっかり確認とったほうがいいと思います。提携してなくて、救急車でたらい回しにされ…なんてことになったら大変です。命に関わることです。
 

広告を非表示にする