読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LGBTsニート

NEET株式会社LGBTs事業部のブログです

「同性愛」と「男(女)が好き」は違う

「同性愛」「異性愛」とは

 「同性愛」「異性愛」という言い方。

 それはそもそも、自分の性別を認識していることが前提となる。

 そしてまた、性別を「男」「女」の2種類として考えていることが前提となる。

 そうでないと、自分と、好きになった相手とが「同性」か「異性」かということが判断できないから。

 

 厳密に言うと、「男」「女」の2種類の性別を前提とすることは必ずしも必要でないかもしれない。たとえば、「中性」というものがあったとしても、「同性」「異性」という判断はできる。

 その場合、自分も相手も「中性」だったら「同性愛」となり、自分が「中性」の場合、相手が男か女かのどちらかだったら、「異性愛」となるだろう。

 だから男女の2つでなくてもいいけど、ともかく何種類かに性別を分類することは必要になる。

 分類分けがなく、性別はグラデーションで1人1人違う、などという考え方だと、「同性愛」「異性愛」という概念は成り立たない。

 なぜならそうなると、すべての人間の性別は異なるということになってしまうから、すべてが「異性愛」になってしまうからだ。「同性愛」はあり得ないことになる。そうなったら、「異性愛」という言葉は意味をなさないから、そんな言葉は無意味になり、単に「恋愛」とか「性愛」とか、そういう言葉でしかなくなる。

 

トランスジェンダー性的指向

 それより、今回僕が言いたいのは、前者の前提のほう。「同性愛」「異性愛」という言葉が成り立つには「自分の性別を認識していること」が必要だということだ。

 それは、トランスジェンダーという立場から言わせてもらうと、自明のことではない。

 「トランスジェンダーって、体の心の性が逆の人のことでしょう?それなら、体とは逆の性別として、自分の性別を認識しているのではないのか?」と言う人もいるかもしれない。

 そして、LGBTについての知識のある方は、こう言うかもしれない。「「同性愛」「異性愛」というときの、「同性」「異性」の基準は「性自認」である。だから、FTMの場合、男を好きになれば同性愛で、女を好きになれば異性愛だ」と。

 たしかに上記の説明は、現時点ではおそらく正しいとされているものだ。「FTMゲイ」という言い方があり、それはFTMで男性を好きになる人のことを指す。

 

 しかし、トランスジェンダーというのは、身体的性別と「逆の性」の性自認を持っているということではない。そういう場合もあるが、「どちらの性でもない」とか「中性である」といった人も含む。

 精神科の診断基準であるDSMにおいて、「性同一性障害」から「性別違和」へと、疾患名が変更された。これは、「逆」の性への「同一性」から、与えられた性への「違和」へと重点を移している。このことも示すように、トランスジェンダーというのは、必ずしも確固とした「男」「女」いずれかの性自認を持つものではない。

 そうすると、性自認がはっきりしない人の場合、「同性愛」「異性愛」という判断はいかにして可能となるのか。男を好きになったとして、その人は同性なのか異性なのか。

 でも、男性を好きになるということがはっきりしているならば、「男性が好き」とは明確に言える。「同性が好き」か「異性が好き」かは、はっきりと言えないとしても。

 こういう点で、「同性愛」と「男(女)が好き」は違う、といえる。

 

 おわりに

 トランスジェンダー性的指向の問題については、もう一つ語らなければいけない問題があると思っている。

 それは、性自認と身体的性の不一致によって起こる問題だ。

 たとえば、FTMゲイの人がいたとしよう。その人は性自認は完全に男性だと感じていて、男性が好きなので、同性愛者だと考えている。しかし身体は、手術などを全くしていなくて、女性の身体だとする。この場合に、男性と性行為を行うと、それは身体的には男女間の性行為ということになる。そして、本人はその行為に満足していて、むしろその快感を手放すのが嫌だから、手術を選択できないでいる。「女性の身体で、男性とセックスする」ということが、重要になっているのだ。

 この場合は、「同性愛」なのか。

 「性的指向の判断は、性自認を基準とする」という原則に従うなら、これは同性愛だといえる。

 でもこのケースと、身体的に男性である人同士がセックスする、ということとは、やはり異なる部分があると思われる。

 

 このことと、先に述べた問題などを考え合わせると、どうも性的指向というものを「同性」「異性」という言葉で表すのは、不適切かもしれないと思う。

 今回の考察はここまでとしておくが、トランスジェンダー性的指向の問題については、これからも考えていきたいテーマだ。

 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ